浜松医科大学循環器内科

文字サイズ
標 準 拡 大

研究グループ紹介

ホーム > 不整脈グループ-研究グループ紹介-循環器内科の紹介

医師紹介

漆田 毅

責任者
漆田 毅

佐野 誠


佐野 誠

成瀬 代士久


成瀬 代士久

榊原 智晶


榊原 智晶

松倉 学


松倉 学

はじめに

近年、心疾患における不整脈治療は、患者様の増加に伴いその重要性を増しています。当科では、静岡県で最も不整脈治療の経験豊富な漆田医師、佐野医師を中心に、薬から高度なカテーテルやデバイス治療に至るまで広く取り組み、患者様のお役に立てるよう日々精進しています。現在の主な取り組みは、Brugada症候群等における心室細動の発症機序の解明、心房細動をはじめとする様々な頻脈性不整脈に対する熱焼灼(高周波)や冷凍凝固(クライオ)を用いた心房細動カテーテルアブレーション治療、そして、植込み型デバイスによる徐脈や致死性頻脈性不整脈に対する治療などです。また、関連施設への治療協力、不整脈医を目指す医師との会議・講習会等も幅広く行い、また、学会等を通じて国内外への情報発信を行うことで、静岡県全体の不整脈治療の発展に努力しています。

頻脈不整脈に対する治療

心房細動や他の頻拍性不整脈(上室性頻拍症、心房粗動、心室頻拍症)に対してカテーテルアブレーションによる根治療法を行っています。局所または全身麻酔で行います。具体的には、熱による心筋焼灼術(高周波アブレーション)、または、冷やすことによる冷凍凝固術(クライオアブレーション)を行います。再発に注意が必要ですが、経過が良ければ、薬や通院を終了することも可能です。他にホットバルーン治療が保険適応となり、今後はレーザーバルーン治療や高周波バルーン治療が使用可能となるでしょう。

徐脈性不整脈に対する治療

多くは薬が有効ではないため、ペースメーカー植込み手術が中心となります。局所麻酔での治療が可能です。通常、電極リードの体内への留置を必要としますが、当科では、小さな本体のみを心臓の先端に置くタイプのものが使用可能となります(リードレスペースメーカー)。また、リード線を正常な電気の通り道に沿って留置する特殊なタイプもあります(ヒス束ペーシング、2017年9月から可能)。

致死的な頻脈性不整脈や重症心不全に対する治療

重症な頻脈には、植込み型除細動器(ICD)による治療を行います。患者さんの状況に応じて、皮下にのみ機械の植込みを行う場合があります(皮下植込み型除細動器、S-ICD)。薬の効果が十分でない心不全に対しては、心室再同期治療(CRT)といって心臓を挟み込むように刺激して収縮を助ける治療を行います。また、機械の植え込み治療の前後でカテーテルアブレーションを併せて行う場合があります。多くは、薬を併用します。

入院期間などについて

カテーテルアブレーション治療の適応疾患の例

いずれの手術もクリニカルパスを導入し入院期間は短くなっています。また、機械を植込んだ患者さんでは、在宅から不整脈や機械の情報を知らせしてくれる遠隔モニタリングのシステムがあります。なお、原因不明の失神について、植込み型心電計(ILR)を使用した検査も行っています。原因が判明すると、上記いずれかの治療を行う場合があります。

最新の知見に基づいた患者様第一の治療を心がけております。

top